大阪府枚方市の下肢静脈瘤専門クリニック【保険適用】【日帰り治療】

下肢静脈瘤とは

  • HOME »
  • 下肢静脈瘤とは

本来心臓に帰っていくはずの血液を足の静脈に溜めてしまい引き起る静脈瘤

blood femail

本来、心臓から拍出された血液は、動脈を通り各臓器へ供給され、静脈を通り肺を通過して再び心臓から拍出されるものです。
この最後の通り道と言える静脈では、心臓からの圧力に頼ることが出来ず、自動的に心臓へ血液が帰っていくわけではありませんので、血液の逆流を防ぐためにがついています。

下肢(足)の比較的に太い静脈の弁が悪くなり、本来心臓に帰っていくはずの血液を足の静脈に溜めてしまい、静脈が水風船のように膨らんでしまい、文字どおりコブ(瘤)のようになってしまう病気です。 下肢静脈瘤は良性の病気ですので急に悪化したり命の危険はありませんので安心して下さい。しかし、足のだるさや、むくむ、頻繁につるなどの生活するのに辛い症状があらわれます。また、見た目的な問題に悩む方も多くいらっしゃいます。
まれに湿疹ができたり、皮膚が破れる潰瘍(かいよう)ができ重症になることがあります。 このような方は、できるだけ早く受診されることをお勧めいたします。 下肢静脈瘤の症状はほとんどがふくらはぎにおこります。
足に血液がたまると起こるので、午後から夕方に症状が強くなるのが特徴です。 また、ご年配に限らず、出産経験のある女性の2人に1人が発症している病気です。 あまり知られていない「下肢静脈瘤」ですが実は身近な病気なのです。

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤の症状
足の血管が浮き出て見える
ふくらはぎがダルい・重苦しい感じ
足がむくむ・疲れやすい
足のこむら返り(つり)
足にコブ(瘤)がある
足のムズムズ感・不快感
足のかゆみ・湿疹・色素沈着
足の潰瘍(火傷の様な状態)
下肢静脈瘤になる誘引
・足の筋力低下
・足の血管の壁面の弱体化
・逆流防止の弁の損傷や機能が低下
・血管が柔らかい
・肥満などの体重の増加
下肢静脈瘤になりやすい原因
・加齢
・職業による立ち仕事が多い人
(主婦、販売員、調理師、教師、医療関係者、キャビンアテンダント、工場勤務など)
・妊娠や出産を経験した人
・男性より女性が多いです
・女性ホルモンの減少
もし1つでも、お心当たりがある人は下肢静脈瘤の可能性があります。
症状や進行具合には個人差がありますが、下肢静脈瘤がそのうち自然に治ることはありません。症状は徐々に悪化していき、
レーザーでの治療が困難になり切開手術が必要となるケースもあります。
症状を感じたら、早期に専門クリニックで検査をしてみて治療法を医師に相談されることをお勧めします。

下肢静脈瘤の種類

見た目が気になる程度のすごく軽症の場合から、
皮膚潰瘍など合併症を引き起すような重症の場合もあります。
ここでは、下肢静脈瘤の種類と合併症をご説明します。また、症状によって治療方法も異なってきます。

◆大伏在静脈瘤(太もも)
s_ph03-150x150-1

大伏在静脈瘤は、足にある静脈の血管のうち表面に近い太い伏在静脈で、そのうち足首内側や大腿部の内側の伏在静脈の本幹およびその主要分枝に発生する瘤(こぶ)が、大伏在静脈瘤です。

◆小伏在静脈瘤(ひざ下)

s_ph01-150x150-1

小伏在静脈瘤は、大伏在静脈と血管の場所が異なり、足にある静脈の血管のうち表面に近い太い伏在静脈で、そのうち足首の後ろや膝窩部・膝の後の伏在静脈に発症するものが、小伏在静脈瘤です。

◆網目状静脈瘤

s_ph02-150x150-1

皮膚のすぐ下にある細い静脈が網目状に膨らんで発症する静脈瘤です。

◆クモの巣状静脈瘤

kumonosu

より細い静脈が拡張して発症し、青白い色や赤紫色に見える静脈瘤です。
クモの巣状静脈瘤静脈瘤に分類されていますが、静脈瘤のような瘤(こぶ)はありません。症状としては、軽症です。

下肢静脈瘤の進行や悪化を防ぐために

raisethefoot

下肢動脈瘤は気づかないところで徐々に進行していく病気です。さらなる病気の進行や悪化を防ぐために、日常生活の中では次の点に気をつけたい点をご紹介いたします。

◆適度な運動をしましょう。
体を動かすことで血流がよくなり、足の筋力を高めて下肢静脈瘤を予防します。反対に激しい運動や長距離のジョギングなどは避けるようにしましょう。
◆バランスのとれた食事をとりましょう。
肥満や脂質異常は下肢静脈瘤の原因の1つでもあります。バランスのとれた食生活を送り、血流改善や静脈への負担を軽くしましょう。
◆長時間の立ち仕事や座り作業には、軽い運動を。
長時間立ちっぱなしの職業の方や、デスクワークで長時間座っている方、家の中でも座りっぱなしの方は、休憩時間に軽い運動をしたり、足を上げて休ませるなどをこまめにしましょう。
◆締め付けの強すぎる下着の着用は避けましょう。
窮屈なガードルなどの下着で体を締め付けると、下半身の血行が悪くなって下肢静脈瘤を悪化させる原因となります。 また、ハイヒールは歩く時に足のふくらはぎの筋肉がしっかり使えないために血液の循環が悪くなりますので、ヒールの低い靴を履いてしっかりと歩く時間も取り入れましょう。
◆弾性ストッキングを活用しましょう。
弾性ストッキングは、足首からふくらはぎ、太ももまで段階的に圧迫することで血行を効果的にキープする医療用のストッキングです。 下肢静脈瘤の予防や悪化を防いだり、治療後のケア、むくみ対策にも役立ちます。 自分の足に合わせたサイズやタイプを選び、正しい履き方で着用するようにしましょう。 尚、弾性ストッキングは当院でも販売しております。

予約カレンダー

2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018年11月

PAGETOP
Copyright © 枚方下肢静脈瘤スキンクリニック All Rights Reserved.